0 %

biography

フィリピンで生まれ、サイパンで育ち、そしてハワイで学生時代を過ごしたことで自然と身に付いた多国籍な感性と日本人離れした歌唱力が魅力のヴォーカルJ.Speaks
一方で、音楽業界に関わる父親のもとに生まれ、ギターとともにその人生を歩んできた生粋のギタリストTaiga
ふたつの強烈な個性が交わり、豊潤なサウンドを生み出すBlue Vintage

2013年に出会い、互いのポテンシャルに共振したふたりはすぐさま意気投合し、バンドとしての活動を開始。
両者の音楽的基盤となるブルース、ヒップホップを軸に、ロックやポップ、サーフミュージックなどあらゆる音楽が融合し、Blue Vintageのフィルターを通し届けられる新たなサウンド、サーフ・ポップスを開拓。

さらに、そのハイブリッドな音楽性の中には、ふたりが愛してやまない“海”のエッセンスが自然とにじみだし、
彼らにしかなし得ない唯一無二な音楽を形成。
大海の如く無限に広がるその音楽には喜怒哀楽、様々な感情が盛り込まれ、聴くものをときに心地よく包み込み、
ときに心弾ませ踊らせる、大きな魅力を備えている。

2015年にファースト・シングル「Once Again」、さらにはアルバム「PURPLE」を発表。
その後、さらなる飛躍を目指し楽曲制作とライヴを重ね、2018年新たなタームへ。新生Blue Vintageとして、その活動を本格的にリスタートする。